就職活動における面接の重要性

 「内定が出るかどうかは面接で決まる」という言葉があるように、就職活動における面接というものは非常に重要なものです。筆記試験やエントリーシートを省く企業多く存在していますが、採用の過程で面接の省く企業はほとんど存在しておりません。内定を取るためにも面接はもっとも大切な過程の中のひとつになっているのです。その中で、その大切な面接をぶっつけ本番で望むということは非常に無謀なことなのです。

 

 面接の練習をする為には、まず友人の力を借りることができます。しかも、面接の練習をしてくれる友人も就職活動をしている状態の友人であれば、その友人も面接に関する勉強をすることができますので、切磋琢磨しながら勉強をすることが可能になります。

 

 面接の練習をする相手が友人というのはなんだか緊張感が出なくてやりづらいという人は、キャリアセンターの職員のお願いしてみることもできます。どこの大学であっても、就職支援の一環で模擬面接を行ってくれますし、行っていないにしてもいろいろな情報の提供を行ってくれますの、多岐にわたるサポートを受けることができます。

 

 面接の練習をしない人は、「恥ずかしいから」という理由で避けてしまう人が多くなっています。しかし、そこをグッとこらえて就職成功のために努力することが求められるのです。