転職に関する退職の準備について

 もしも転職を希望して会社を離れる意志があるならば、転職に関する退職の準備は、自分が考えているスケジュールよりも早めに動き始める必要があります。

 

 会社というのは「辞めたいです」と辞意を表明すればすぐに辞められるというほど、簡単なものではありません。自分が携わってきた仕事の状況はもちろん大きく関係してきますし、それ以外にも年金のこと、源泉徴収のこと、有給のこと、健康保険のことなど、考えておかなければならないことがたくさんあります。

 

 そういったいわゆる退職に関する事務手続きというのは、よほど小さな会社ではない限りなかなかすぐに対応ができるわけではありませんので、転職して退職する意向があるならば、スケジュールは早め早めに実行していくべきです。

 

 また、いくら転職希望先が「なるべく早く勤めて欲しい」と要望を出していたとしても、前の会社であいさつもそぞろに感謝の気持ちも表さず急に辞めてしまうのは、社会人としてとても非常識なのでそれはやめるべきです。30代以上になった分別のある人ならば大丈夫かもしれませんが、それよりも若い世代の人はつい自分自身の都合を優先する風潮がありますので、思い当たる節がある人は、そうならないように心がけておかなければならないのです。

 

 若い世代の人ですと、会社の手続きに任せるままで自分が今までどんな社会保険に入っているのかということや、どんな税金を払っているのかということをよく理解していない人が多いです。ですから、転職で退職するときはそれらのことを1度じっくりと考え、不義理のないようスムーズな退職を目指すことが大事です。